横浜から穂高・信濃松川へ!

こんにちは♪ 旅人 パティシエ&ヨガのtomoです。

久しぶりの一人旅です。
一人旅♪ 昔はたくさんしてましたが、最近は飽きてしていませんでした。やりたいと思ったきっかけは、リフレッシュしたい、旅に出たい!という気持ちです。

昔とひとつ違うことは、人との出会いに臆病ではなくなったということでしょうか。昔は平日休みで一緒に行く人がいなかったり、突然予定を決めたりしていたので、一人でしか旅に行けずに旅をしていました。 
現在は、一人旅に行きたくて旅にでました。この心もちはだいぶ違うものです。

さて。今回はおやすみもかねてなので、朝もゆっくりと出発です。
登山用サックの20lので3泊4日分の荷物。以外と重いです。前日までの関東での暑さにびびり、着替えを持ちすぎました。苦笑

 〜横浜から八王子へ〜
通勤とは逆方向なので、普通に座っていきました。予定より早く出ようかとおもいましたが、結局八王子での余裕はたったの10分ほど。八王子からはあずさの回数券がありますので、一度Pasumoの精算が必要です。一度改札をでて本を買い、同時に精算もすませました。
【政と源 三浦しをん】江戸っ子の心意気。面白い本でした!

 〜八王子から松本〜
松本までは、本を読んだり、着いてからの情報調べたりといろいろしている間にあっと言う間に到着しました。松本から乗り換えて大糸線へ。長野県はここからPasumoの利用が不可となりますので、駅で精算が必要となります。一度改札をでて、切符を購入。ちょっとお腹も減っていたので、パン屋でパンをかってホームへ向かうと、単線たったの2車両でした。学生も多く使うみたいです。

 〜松本から穂高〜
30分くらいで到着。切符もたったの320円。みるみると田園とアルプスがみえる長野の景色です!昨年のぼった常念岳もしたからみるとやっぱり素敵だし、感慨深いものです。

穂高

information
ひつじや
大王ワサビ田
せせらぎ小路
若松屋
麺元 田舎屋

以前燕岳に行く時に立ち寄ったことがあるので、駅前はすこし馴染みがありました。が、あまりの炎天下にこりゃ自転車どころではないのでは?とインフォメーションで相談したところ、やはり行こうかと考えていたアートヒルズまでは登り坂で1時間ほどかかるかもと。。急遽変更をして、ちかくのワサビ田や川沿いの散策へ!
暑さと戦い走ること2時間。最後の碌山美術館をさくっと鑑賞し、もう日陰でやすもうと思い、駅へ戻りました。自転車返して、若松屋へ。店内はところせましと雑貨がおいてあり、メニューは少なめ。でもおいしいアイスコーヒーいただき、ほっと一息。

時間はまだあるので、先に夕飯食べてしまおうと、以前行けなかった一休庵へいってみるものの、今度も本日終了の看板。仕方ないので、以前もお邪魔した田舎屋さんへ。ここはいつ来てもあいているので、助かります。ゆっくりと食べて、ちょうど夕方のニュースをみながら、電車の時間までのんびりと過ごしました。

 〜穂高から信濃松川〜
穂高の駅でのアナウンスで電車は遅れている様子。単線なので、調整が難しくおくれることがあるとのこと。私の乗りたい電車は時間通りだよと聞いて、おとなしくホームへ。学校から帰る学生たちがたくさんいました。奥にはアルプスの山々。やっと涼しくなって山を眺めながらゆったりと待つこと20分ほど遅れての到着でした。

〜信濃松川へ〜
安曇野バックパッカーズ
本日の宿主、伊藤さんが駅でお出迎え。そのまま朝ごはんの買い出しして、宿へ。看板犬の岳のお出迎えに、すぐに用意して近くの温泉へ。今日はもう休むだけなので、宿の案内も簡単にしていただき、あっという間に寝床へ。

奥様はスリランカの方だそうです。私はお会いできませんでしたが、スリランカらしさが散りばめられており、素敵な宿でした。女性専用だし、各部屋2つしかベット置いてないので、一人旅にはもってこいのゲストハウスです。伊藤さん曰く、全然宣伝してないからまだまだ知られてないよ〜とのこと。これから宣伝する予定だそうです!

外の田んぼのカエルの大合唱の中。眠りにつきました。

カテゴリーyoga