体にいいスイーツ

体にいいスイーツってなんだろう?って思いません?

無添加、有機、マクロビ、グルテンフリーetc いろいろ出ているけれど、本来体に良いってどういうことでしょう。

スイーツの良い効果はリラックスさせてくれる。
砂糖を含む甘いものを食べると、脳内の快感中枢が刺激され、エンドルフィンという物質が生成されます。

エンドルフィンは、気持ちを落ち着かせたり、リラックスさせたりする効果や病気へのて効力を高めるホルモンです。実際に甘いものを食べた後、脳波を測定すると、リラックス状態であるという、医学的な結果も出ています。

また、肉、卵、牛乳などのタンパク質に含まれるアミノ酸の一種トリプトファンは血液をとおして脳内に入り、セロトニンという精神を安定させる神経伝達物質を作ります。トリプファンが脳内にはいるのに、ブドウ糖が必要となります。

食事で肉を食べた後、デザートに消化の速い糖分を摂るのは、理想的な組み合わせとのことです。

現代は多くのものが簡単に手に入り、食品も長期保存できるよう改良を重ねてきました。その結果、良くないことが起きているだけ。

とりすぎや取らなすぎが一番体には良くないということが言えると思います。
そして、スイーツの原材料が体に良くないものをつかっていることが多いのも問題かなと思います。

神経質になりすぎずに、程よく気になったときにでも裏の原材料の表記をみていくようにしてみてください。食べ過ぎ抑制にもつながると思います。
できることから始めましょう。